最新の医学部予備校情報まとめ

是が非でも医学部に合格したい受験生であれば、個別指導制の予備校を利用して受験勉強をする方法があります。
マンツーマンのきめ細かな指導が受けられるので、苦手科目を克服しながら自分のペースで着実に学力をつけることができるからです。
ただし生徒1人につき1人の講師が授業を担当するので、集団指導型の講義を受ける場合よりも多くのお金がかかります。
特に授業料が高額で、入学前に必要な費用を把握しておく必要があります。

個別指導制の医学部の予備校に通う際にかかるお金は?

個別指導制の医学部の予備校に通う際にかかるお金は? 入学試験の難易度が非常に高い医学部に合格をするために、完全個別指導制の予備校を利用して受験に備えることができます。
集団指導よりも個別指導の方が受験生ごとにきめ細かな指導が受けられるので、効率的に受験勉強を進めることができます。
そのかわりに、集団指導型の学校よりも学費(授業料)が高額になってしまいます。
個別指導型の予備校に通う場合の学費(入学金・授業料)は1千万円前後になるケースもありますが、私立大学の医学部に入学して6年間に支払う学費(2千万円~5千万円)と比べると安いといえます。
医学部を目指す場合には、受験対策のための予備校費用と大学入学後に支払う学費の合計で必要なお金を考慮して計画を立てることが大切です。

個別の医学部予備校の相場は普通の所よりも高い

個別の医学部予備校の相場は普通の所よりも高い 個別の医学部予備校は、生徒一人に対して講師が一人指導をしてくれます。
指導するのはアルバイトなどではなく、医学部受験指導で実績を残してきたプロです。
したがって、高いレベルの指導を一人一人が受けられるのが魅力となっています。
そうした性質から、普通の予備校に比べると相場は高くなっています。
普通の予備校なら個別でも100万円以下というところは少なくないですが、医学部専門の場合は200万円を超えるところも多いです。
料金は各種コースによっても異なるので一概には言えませんが、高くなることは事実なので、通いたい方は資金を用意しておかなければなりません。
学校の方で奨学金やローンを用意していることがあるので、それを活用することもできます。
奨学金といっても貸与なので返済の義務が生じますが、少しずつ返済をしていけるので一括で支払うことができない方でも通えるようになります。
できるだけ料金を抑えたい場合は、指導してもらう時間を少なくしなければなりませんが、それでも専門としているだけあって確実に合格に持って行けるだけの指導はしてもらえます。
現在の学力レベルによってもどれくらいの時間を利用すべきかは変わってくるので、一度相談してみましょう。

医学部予備校に関する情報リンク

医学部 予備校 大阪